マインドフルネス思考を持った偉人・起業家・著名人

マインドフルネスとは

 

「今この瞬間」に注意を向けている状態

 

のことです。

 

例えば、

崩れそうなジェンガから、1つの木を慎重に抜く時

気持ちいい風を感じている時

お気に入りのアロマや香水の匂いを嗅いでいる時

空腹時に、ご飯を噛み締めた時

時間を忘れるくらい仕事や、趣味や、運動などに没頭してる時

 

過去や未来ではなく「今」に注意を向けてる状態。

 

数多くの偉人や著名人も、こういったマインドフルネス思考の持ち主です。

 

以下、そんな偉人や著名人を紹介していきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1、堀江貴文

 

2、アルフレッド・アドラー(大ベストセラー「嫌われる勇気」の元になった方)

ウィキペディア: アルフレッド・アドラーから引用

「楽観的でありなさい。過去を悔やむのではなく、未来を不安視するのでもなく、いま現在だけを見なさい。」

 

3、松下幸之助(松下電器=現パナソニック創業者)

ウィキペディア: 松下幸之助から引用

「どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま、現在に最善を尽くすことである。」

 

 

4、ノバク・ジョコビッチ(元テニス世界ランキング1位)

ウィキペディア: ノバク・ジョコビッチから引用

「ネガティブな考えが浮かぶことをそのまま認めて、そのままやり過ごし、今の瞬間に集中するのだ。」

ジョコビッチの生まれ変わる食事 あなたの人生を激変させる14日間のプログラム」参照

 

5、ジム・キャリー(ハリウッド俳優:代表作「マスク」)

ウィキペディア: ジム・キャリーから引用

「この世には、今この瞬間のみ存在し、その瞬間を愛か恐怖、どちらかで生きるかの2択なんです。」

【翻訳】ジム・キャリー参照

 

6、スティーブン・ホーキング(天才理論物理学者)

ウィキペディア: スティーブン・ホーキングから引用

「今を見つめ、今を生きよ」

【翻訳】スティーブン・ホーキング参照

 

7、中村天風(実業家)

公益財団法人 天風会から引用

「一度だけの人生だ。

だから今この時だけを考えろ。

過去は及ばず、

未来は知れず。

死んでからのことは宗教にまかせろ。」

 

8、マーガレット・ミード(20世紀を代表する文化人類学者)

ウィキペディア: マーガレット・ミードから引用

「未来とは、今である」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかがでしたか。

マインドフルネス思考は、成功するためには必要な思考なのかもしれません。

もっとマインドフルネスを詳しく知りたい方は、こちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です