バチェラー久保さんから学ぶ感情コントロール法

久保さんの感情コントロール法

前回のバチェラー記事に続き、今回もバチェラー記事です笑

バチェラーへの愛が止まりません。

出展:バチェラーシーズン1特集ページ

シーズン1は、久保さんという東大卒起業家がバチェラーでした。

久保さんは、ストイックで爽やかで紳士でイケメンで、男も惚れる男性です。

 

そんな久保さんのストーリーをチェックしていると、とある質問にこう答えていました。

質問内容:

久保さんはストレスが溜まった時は、自分の中でどう消化していますか??

久保さん回答:

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1、自分を客観視する

「あ〜自分、怒ってるな」とか。

2、負の感情の原因を深堀する

「なんで」を5回以上、自問自答。そうすると意外と原因は自分に行き着く

3、の感情を持ち続けることが、自分や他者にとって得があるのか考えてみる

 

 

以上のステップを踏むと、結構気持ちが落ち着きます。

それでもダメな時は、鍼(ハリ)に行ったり、運動で徹底的に追い込んだり気持ちをそらしてあげるといいかと。

強度の高い運動は最高の精神安定剤!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

久保さん、どんだけ丁寧に答えてあげてるの・・・イケメン。

この回答を読んでて、内容もさすがだなぁ〜と思いました。そりゃモテるわと、成功するわと。

 

どうやったら久保さんみたいになれるか

まず、最初の客観視することに関して。

客観視するというのは、他の人の目線から物事を見るということです。

具体的には、鳥になった気分で、自分を上から眺めてみようとしてみてください。

 

この客観的に見ようとする姿勢は、感情をコントロールするには超超超重要です。

客観的に見れなかったら、スタートがきれません。

パソコンで文字打ちたいけど、アルファベットわからないみたいなものです。

ただ、普通にしてると、客観的に見ることは簡単なことではありません。

 

というのも、人は、元来、自己中な生き物です。

赤ん坊を見てください。腹が減っては泣いて、おしめが気持ち悪くて泣いて、眠れなくて泣いて。

お母さんの体調が悪かろうが容赦はありません。

 

その後、集団の中で暮らすうちにだんだんと相手の立場に立つ、思いやるということを覚えていきます。

ただ、成長したとしても、やはり自己中の壁は厚いようで、これにより数多くの身勝手な犯罪や、暴行などが起きてしまいます。

 

ここまで行かなくても、

怒りにまかせて誰かを傷つけてしまったり、悲しみで死にたくなったりしたことはありませんか。

これぐらいは誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

 

ここまでで分かるように、客観的に見ることは簡単なことではありません。

 

具体的方法

では、どうすれば、客観的に見ることができるんでしょうか。

それにはちょっとしたコツがいります。

 

人は、感情と自分が、イコールになりがちです。

 

どういうことかと言うと、

キーボードクラッシャーくんです。

まさに彼とか、怒り=自分になってませんか?

彼自身が怒りそのものですよね。

 

こういう感じで、人は感情に飲み込まれると、感情に振り回されてしまいます。

 

なので、まず、感情は自分自身ではないと知りましょう。

 

感情は自分自身ではない

 

自分=感情そのもの

ではなく、

自分=感情を抱いている

 

です。

 

どういうことか。

悟空です。スーパーサイヤ人悟空です。

ドラゴンボール読んだことない人に説明すると、悟空は主人公で、スーパーサイヤ人になるとめちゃんこ強くなります。

 

クリリンのことかー!でおなじみ悟空さん。

悟空は、穏やかな心を持ちながら激しい怒りによってスーパーサイヤ人に目覚めます。

 

理性のあるうちに、この場を離れろ!と、息子のご飯に助言してますし、

「俺は怒ったぞー!フリーザー!」というセリフもあります。怒りをちゃんと認識してることが分かります。

 

悟空は、怒りに振り回されている状態ではないんですね。激しく怒っていながらも感情に流されず中身は冷静です。

 

悟空は、客観視ちゃんとできてますね。

 

ちなみにフリーザーは、この後、怒りに任せて悟空に歯向かって殺されます笑

画像を確認したい人は、こちらのURLに載ってます。

漫画の主人公が「激しく怒る」「静かに怒る」←どっちのが好き?

 

客観視する方法のヒントを悟空が教えてくれてます。

 

まず、

負の感情を感じたら、口に出したり、紙に書いてみる。

 

負の感情を感じたら、口に出したり、紙に書いてみる。

 

こうすることで、自分=感情でなく、一歩下がった形で感情と付き合うことができます。

特に書くことが、オススメです。

口に出すと、また感情に飲み込まれてしまいやすくなるので。

 

 

久保さんは、ここから「なぜ?そういう負の感情なのか」も考えています。5回自問自答してるみたいです。

なぜ?を考えることで、原因が明らかになります。

頭だけで考えるのはハードル高いので、とにかく、どんどん書きまくりましょう。

 

その結果、久保さんは、自分に結構原因があることに気づくみたいです。

では、原因が分かると、どんないいことがあるのか?

 

対策できますよね

 

次に、そういう負の感情が来ても、振り回されずに対処できるようになる。

最初は勝てなかった敵モンスターも、攻略法知れば、勝てるようになるのと同じです。

 

最後に、その負の感情が、他人や自分にとって得かどうか考える。

ちゃんと最後に周りのことを、考えてる久保さん、ほんと素敵やん・・・

共感力が高いんでしょうね。そりゃモテますよ。

 

ここまでこれば、

得じゃないんだったら、捨てる。

得なんだったら、継続する。

と自由に選ぶことができます。

 

振り回されるというより、完全に感情を手なづけてますよね。サーカスの猛獣使いみたいです。

ちなみに、ある空間において一番冷静な人がリーダーになる傾向があります。その姿に、信頼感・安心感を得るからです。

つまり、モテます。

こういう感情コントロールできる人は、リーダーになりやすいです。久保さんが、社長になったのもうなづけます。

 

はい、これで、久保さんに一歩近づきましたね。

パソコン打つ前のアルファベット習得状態です。おめでとうございます。パチパチ

 

もっと強くなりたければ、感情コントロールを極めたければ

マインドフルネスというトレーニングがオススメです。

http://mindfulencer.com/2018/05/30/%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AA%E3%82%84%E3%82%8A%E6%96%B9%EF%BC%81%E6%AF%8E%E6%97%A5%E3%81%8A%E6%89%8B%E8%BB%BD%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9/

やってみてください〜、わからなければぜひ質問してくださいね。

 

まとめると、

久保さんはスーパーサイヤ人ってことです。

みんなぁおらのブログ読んでくれてありがとよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です